良い睡眠をとると痩せる?

良い睡眠をとると痩せる?

ただ寝るだけでダイエットになるという話しを聞いた事はありませんか?実際に良い睡眠をとると痩せるのです。

この働きは、体内のホルモンの分泌のメカニズムに関連しています。人間には睡眠中でないと生成されかったり寝る事で分泌量が増えるホルモンが数種類あります。

これらは、身体の代謝活性を上げる効果があり、そのためにホルモン分泌が痩せることに繋がるのです。もちろんただ寝るだけではなくぐっすりと寝ることが重要です。

例えば、寝る前2時間はテレビ、パソコン、スマホなどを見ないようにするだけでも睡眠の質はぐんと上がります。寝る時間も重要で、22時から午前3時の間に睡眠を持ってくると、ダイエットに最も効果が上がります。

良い睡眠をとると病気が予防できる?

良い睡眠をとると病気が予防できる?

良い睡眠をとることは病気の予防につながります。その理由ですが、まずは睡眠には体の疲れやダメージを回復させる作用があるためです。

体に疲れが溜まっていたり、ダメージがそのままの状態だと体力や免疫力も低下しやすくなるため、病気にかかりやすくなります。

しかししっかりと質の良い睡眠をとっていれば疲れ、ダメージもその日の内に回復できるので病気の予防につながると言えます。

睡眠には精神的な健康を保つ意味合いもあると言うのも理由です。精神的にたとえば落ち込んでいたり、イライラしていたりすると自律神経のバランスが乱れ、それが健康に支障をもたらす可能性もあります。また心の健康にとってもこうした状態は望ましくありません。睡眠はその日の記憶を整理し、気持ちをリセットさせる作用もあるため、そこから自律神経のバランスを整え病気を予防する、更には心の病気も予防すると言えます。

良い睡眠をとると集中力が上がる?

良い睡眠をとると集中力が上がる?

質の良い睡眠をとると集中力は上がると言えます。その理由ですがまず質の悪い睡眠だと、寝ても寝た気がしないとか、眠気が残っているような気がすると言ったことが多くなります。

するとそうしたことが原因で集中力は途切れやすくなってしまうと言うことが挙げられます。また質の悪い睡眠は体の疲れをとることにも、あまり効果をもたらしません。

体に疲れが残っていると、当然、それは脳の働きにも影響をもたらす可能性が高くなってきます。

体が疲れていると体の動きも鈍くなり、そうすると体温も上がりにくくなりますし、血流も促進されにくい状態が続きます。

集中力が上がるためには脳に酸素が十分に供給されることが必要で、そのためには全身の血行が促進されることが求められます。

ですから質の良い睡眠をとり体の疲れを回復させることは、脳の働きを活性化させ集中力を上げることにも効果的だと考えられます。